メインイメージ

ダイエット中にはプロポリスで栄養補給

私は太りやすいこともあってダイエットは1年中していると言っても過言ではありません。
その時々でダイエット方法は違いますが、どうしても普段の食生活よりは栄養が偏りがちになってしまいます。
例えば夜だけ野菜ジュースをコップ1杯分だけにする、置き換え食を食べるなどです。
置き換え食は栄養バランスを考えて作られていますが、普通の食事をとる毎日に比べると風邪をひきやすくなっていました。
そこで考えたのが、ダイエットをしつつも病気にかかりにくい健康な体を作ることです。
その第一候補がプロポリスでした。
プロポリスはセイヨウミツバチが植物の新芽や樹皮、つぼみなどからとった物質と自分の唾液などを混ぜて作り出す独特の匂いがするもので、天然の抗生物質と呼ばれています。
普段はこのプロポリスはミツバチの巣内を守るために使われています。
プロポリスには強い殺菌力や消毒作用があるので外からの虫や雑菌が入ってこないようにしたり、巣の隙間をふさいだりできるのです。
ですから、プロポリスをきちんと毎日とっておけば、風邪もひきにくいのではと考えました。
ダイエットは1日2日では終わることができませんから、長期間かけることを考えるとこれが最善の方法なのです。
吸収率が非常によく、80パーセントが吸収されるので美容目的のものとしても人気が高いです。
海外では古くから民間薬として利用されていました。
約3700年前の古代エジプトではミイラ作りのために使われていましたし、他の国でも炎症や消毒、腫瘍、神経痛や発毛剤にまでなっていました。
現在は薬ではなく、病気の予防や改善のサポートとして利用されています。


私が飲んでいるのは天然100パーセントのプロポリスの粒状のもので、やはり匂いが独特です。
けれど、匂い自体は毎日のんでいると慣れてきます。
1日に1粒をお水やぬるま湯でのみますが、1年ほどのみ続けていて風邪は本当にひかなくなりました。
この1年間でひいたのは片手で数えられるくらい、その他ではインフルエンザに1度かかっただけです。
そのインフルエンザも高熱がでた2日後には平熱になっていました。
免疫力を高めてくれる効能もあるので、体が少し強くなったのかなと感じています。
粒状のもの以外でもドリンク剤や液状、カプセル剤、外用塗布などがあります。
その人によってのみやすいものがあるので実際にいろいろ試してみてから決めるのが良いです。
最低でも2週間ほどは一つのものを飲み続けてみるのがおすすめです。
味がするのが苦手な方はカプセル剤が一番のみやすいです。
固形のものが苦手な人は液状やドリンク剤がいいです。
味が苦手な方はこちらにプロポリスをおいしく飲むためのアレンジレシピが載っているので参考にしてください。
私は匂いが少し気になったものの、粒状が一番飲みやすかったので決めました。
それに原料が天然100パーセントで混じり気なしだったのも気に入りました。
プロポリスは元々アレルギーがある人以外であれば、ほとんどの場合副作用は起きません。
ただし持病がある人は念のために担当医に確認してからにしたほうが良いです。
私も持病があるので一応確認しましたが、しばらく飲んでみて異常がなければ続けてよしと言われ、今のところ異常は全くありません。
むしろ元気になってきています。
もちろん品質が良いものを選んでいるからということもあります。
ミツバチが集めてきたいろんなもので出来ているので、少し高いものでも品質がしっかりしているものを選ぶのがポイントです。
また、ダイエット中は便秘になりがちなので青汁を飲むようにすると良いでしょう。
青汁がダイエットに効果的な理由がかいてあるサイトがありますので参考にしてください。