メインイメージ

どんながんにもプロポリスは有効なのか

ある日、友人に近くの保健センターで無料の検診が行なわれているから、一緒に行こうと誘われたので行くことにしました。
条件は過去3年以内にこの検診を受けていないという事と、健康保険加入者であることだけだったので、どちらもクリアしていたので、無料であればと思い検診を受けることにしました。
自宅で仕事をしている関係で、検診などしたことがなく、また1人で行くのが嫌だったせいか、検診自体には気のりしなかったのですが友人とであれば行きやすいと思い決意しました。
検診は身長、体重、レントゲン、血液検査、血圧、簡単な診察といったものでものの20分程度でした。
普段から至って調子も良く、安心していたのですが、数日すると精密検査をするようにという手紙が届き、地元の公立病院で検査を受けると、1週間後に検査の結果が出て、医師より食道にがんが見つかったことを告げられました。
病期はステージⅠで、治療により治ると言われましたが、宣告を受けた瞬間に一気に体の力が抜け、頭が真っ白になりました。
なぜかあまり恐怖感はなく、ただただ何も考えることが出来なくなり、言葉も少なくなりました。
医師から手術による治療を進められましたが、メスを入れるのが嫌だったので、手術以外の方法を考えますと答えて帰りました。
とは言ったものの、自分ががんになるとは思いもせずに、知識もなくどうしたらよいのか解らないまま日にちだけが経ってしまいました。
あるとき知り合いに会った時、打ち明けるとプロポリスを勧められました。
その知り合いがプロポリスを扱う団体のメンバーの1人であったのです。


知り合いは、プロポリスを販売する団体のメンバーで、早速効果や効能といったことの説明を受けるために、しっかりとしたセミナーを受けるように言われました。
その時点では半信半疑でしたが、自分の状況を考えると疑ってもいられず、とりあえず聞こうと思いました。
そこでは、詳しい説明や、実際にがんが消滅したという例を聞くことになり、これで治るのであればと思い購入を考えました。
振込用紙の記入欄に署名し印鑑を押して自動引き落としの手続きが完了すると30mg1本31500円で自動的に自宅に送られてきました。
箱の中に入っていた説明書通りに摂取し、2ヶ月間続けました。
以前より少しコンディションが悪い日や、とくに問題ない日があり、体調にムラがありました。
販売者に聞くと3ヶ月位から徐々に体調が良くなりますと言うので、続けるつもりでしたが、友人の医師に相談すると血液検査をするように勧められました。
血液検査の結果、病期は以前より進んでおり全く効果が得られていなかったのです。
当然その日から、プロポリスの摂取を止めました。
友人の医師に聞くと、プロポリスの有効性は否定しませんでしたが、どのがんにでも確実に効くのかという点や血液検査や画像診断をせずにそれのみを摂取するという事に疑問を抱くと言われました。
確かに、プロポリスでがんが治ったという人がいないわけではないので、完全否定とはいかなくても、進行度や腫瘍マーカーを調べずに、プロポリスを規定量摂取すればがんが消えることは極めて低い確率であると言われました。
結果、友人の医師に進められ陽子線による治療方法を選び、現在がんは完治しました。 プロポリスは癌の予防に効果があると言われていますが、飲めばすぐ効くというわけではないのですね。