メインイメージ

プロポリスのがんに対する効果と副作用について

2年ほど前にがんを患い、初期の状態であったため、治療方法を考えている時、医師からは手術を勧められて、自分としては手術が嫌だったので、しばらくその方法を検討するように医師に伝えました。
インターネットで検索していて、色々な治療方法があるのですが、保険適用外のものや、治療後の副作用があるもんもなど、実際に治療を受けた人の話を聞いていないので、不安でなかなか決まりませんでした。
そんなときに友人からプロポリスを勧められて、試してみることにしました。
プロポリスはがんが消滅するということを聞いていましたが、実際に病期になる前はそんなことで治るはずがないと思っていましたが、自身の体ががんになってみると、これで治るのであればと思って、半信半疑ながらも試してみることにしました。
取り組んだ当初は、治るまで行かなくても多少の改善や免疫力向上となるのであればという藁をも掴む思いでした。
しかも、服用しても副作用がないと聞き安心して始めました。
インターネットや通販などで売られているものではなく、国立大学医学博士も推奨するというようなものであったため、結構期待してしまいました。
説明書通りの方法で摂取して1ヵ月続けてみました。
がんといっても初期で、元々自覚症状がなかったためか、なんとなく調子が良いような気もしましたので、続けて利用してみることにしました。
利用開始から3ヶ月近く経ち、何も変わらず自覚症状もなかったため、もしかすると徐々にでも改善しているのかと淡い期待をもちました。
とは言え、一応検査を受けるようにしました。


がんを患ってからプロポリスを引用して3ヶ月経過したので、病院で検査してみることにしてみました。
検査後の結果を医師から告げられると、それほど進んではいないにせよ、腫瘍マーカーの数値は多少増加しているようなことが伝えられました。
「病気発見時からすると意外と進んでいないように感じますので、早めの処置を考えた方が良いと思います。」と医師から告げられました。
もしかして、意外と病気が進行していないことはプロポリスの効果なのではないかと思い、このまま続けるべきか、それとも治療に入るべきかを考えて迷ってしまいました。
ただ、進行が遅いというだけで、改善しているわけではなかったので、少し不安が残り、学生時代の同級生の医師に連絡をとり、現在までの一部始終を話し、プロポリスのことも話しました。
友人の医師からは、プロポリスが有効であるか無効であるかは専門でないのでわからないと言われ、ただ進行していることは間違いないので、病院で早めの処置をしたほうが良いという判断がされた事と同様の結果を言われました。
ただ、プロポリスがサプリメントであることから医療関係者でなくても扱えるため、販売する人が病気を医療の角度から見ることが出来ないなどの不安があるとも指摘されました。
それを聞いて、それまで躊躇っていたのですが、病院での治療を選択しました。
摂取中に何の検査もしずに、どのような状態かも把握しないということが不安になったためです。
ただ、友人の医師は、サプリメントを摂取したことにより改善が見られた例もあるので、治療と同時に摂取したいのであれば担当医に相談してみるのも良いかもとも言ってくれました。